技術リソース

Lightsail 開発ツールでより高度な活用を

それを中心に軌道するオブジェクトがある惑星

製品ドキュメントとチュートリアル

支援が必要ですか?Lightsail を初めてお使いになる場合でも、また上級ユーザーが何か素敵なことを行おうとされている場合でも、当社の製品ドキュメントとチュートリアルが正しい方向へ導きます。 チュートリアルに進む

開発者キットと API

当社のわかりやすく強力な API とドキュメントが、アプリケーションの拡張とその他の環境と統合する際に役立ちます。あとはあなたの想像力次第です。 SDK ドキュメントに進む

コマンドラインインターフェース (CLI)

ターミナルが気に入りましたか? コンソールを使わずに、サーバーをコントロールし、Lightsail CLI を使用して高度なアクションとオペレーションを実行する方法を学びましょう。 CLI ドキュメントに進む


よくある質問

全般

Amazon Lightsail は、簡単な仮想プライベートサーバー (VPS) ソリューションが必要な開発者、スモールビジネス、学生、その他のユーザー向けに AWS を開始する最も容易な方法です。Lightsail は、開発者に Web サイトと Web アプリケーションをクラウドで管理するための計算、ストレージ、ネットワーキング機能と能力を提供します。Lightsail はプロジェクトを開始するために必要なすべてを含みます。仮想マシン、SSD ベースのストレージ、データ転送、DNS 管理、静的 IP アドレスが毎月リーズナブルな料金で提供されます。

アプリケーションを容易に展開し、管理するためのすべてのことを含む事前構成された仮想プライベートサーバープランを取得できます。Lightsail はいくつかの仮想プライベートサーバーを必要とするプロジェクトで、簡単な管理インターフェースを好むユーザーに最も良く適しています。Lightsale の共通の使用例は、Web サイト、Web アプリケーション、ブログ、e コマースサイト、シンプルなソフトウェアなどを含みます。

バンドルとも呼ばれ、Lightsail プランには、固定量のメモリ (RAM) と計算 (vCPU)、SSD ベースのストレージ (ディスク)、および無料のデータ転送枠が含まれています。Lightsail プランはまた、静的 IPアドレス (アカウントごとに 5 個)、DNS 管理 (アカウントごとに 3 個のドメインゾーン) も提供します。Lightsail プランは、時間ごとに、オンデマンドベースで課金されるため、使用しているときのみプランに対して課金されます。

Lightsail インスタンスは AWS Cloud に常駐する仮想プライベートサーバー (VPS) です。Lightsail インスタンスを使用して、データを保存し、コードを実行し、Web ベースのアプリケーションまたは Web サイトを構築してください。インスタンスは、公共 (インターネット) とプライベート (VPC) ネットワーキングの両方を通じて、互いに、およびその他の AWS リソースに接続できます。Lightsail コンソールから直接インスタンスを容易に作成、管理、そして接続できます。

Lightsail は、新しい Lightsail インスタンスを作成するときに自動的にインストールされる一連のオペレーティングシステムととアプリケーションテンプレートを提供します。アプリケーションテンプレートには、WordPress、Drupal、Joomla!、Magento、Redmine、LAMP、Nginx (LEMP)、MEAN、Node.js などを含みます。

ブラウザー上 SSH または自分の SSH クライアントを使用することで、インスタンスに追加ソフトウェアをインストールできます。

Lightsail にログインした後で、Lightsail コンソール、コマンドラインインターフェース (CLI)、または API を使用して、インスタンスを作成し、管理することができます。

コンソールに初めてログインするときに、[インスタンスの作成] を選択します。 インスタンスの作成ページは、ソフトウェア、ロケーション、インスタンスの名前を選択できる場所です。[作成] を選択すると、新しいインスタンスは数分で自動的にスピンアップします。

はい。Lightsail コンソールで行ったすべてのことは、公共で利用可能な API によりバックアップされています。Lightsail CLI および API をインストールし、使用する方法について学びます。

Lightsail を使用して開始するには、[今すぐ開始] を選択し、ログインします。Amazon Web Services アカウントを使用して、Lightsail にアクセスします。まだお持ちでない場合は、それを作成するように指示メッセージが表示されます。

Lightsail リソース

Lightsail インスタンスは、Web サーバー、開発者用環境および小規模データベースでの使用に特化して開発されています。ワークロードでは、頻繁にまたは一貫してフル CPU を使用することはありませんが、パフォーマンスバーストが必要になることがあります。Lightsail はベースラインレベルの CPU パフォーマンスを提供するバースト可能なパフォーマンスインスタンスを使用し、ベースラインを上回るバースト性を発揮します。この設計を使用すると、必要なときに必要なパフォーマンスを得ることができ、一方で、他の環境での過度のサブスクリプションから生じる可変的なパフォーマンスやその他の一般的な副作用からユーザーを保護することができます。

ビデオエンコーディングや HPC アプリケーションなどのアプリケーションで CPU のパフォーマンスが常に高い設定可能な環境やインスタンスが必要な場合は、Amazon EC2 を使用することをお勧めします。

Lightsail はブラウザーから直接、インスタンスの端末へのワンクリックの安全なコネクションを提供します。インスタンスを作成し、[SSH を使用した接続] をクリックすると、新しいブラウザウィンドウが開き、インスタンスに自動的に接続されます。

固有のクライアントを使用して、インスタンスに接続する場合、Lightsail は SSH キー保存と管理が機能できるようにして、SSH クライアントで使用するセキュアキーを提供します。

各 Lightsail インスタンスは、インターネットから到達可能なプライベート IP アドレスとパブリック IP アドレスを自動的に取得します。プライベート IP を使用して、データをその他の Lightsail インスタンスや AWS リソースを、プライべートに無料で送信します。Lightsail インスタンスのパブリック IP に対して、静的 IP として置換することもできます。

静的 IP は、Lightsail アカウント専用の固定のパブリック IP です。 静的 IP をインスタンスに割り当て、パブリック IP と置き換えることができます。インスタンスを別のものに置換することにした場合、静的 IPを新しいインスタンスに再度割り当てることができます。このように、インスタンスを置き換えるたびに、新規 IP を指し示す外部システム (DNS レコードなど) を再構築する必要はありません。

DNS は、世界中に分散しているサービスで、人間が読み取れる名前 (www.example.com など) を数字の IP アドレス (192.0.2.1 など) に変換することにより、コンピュータが互いに接続できるようにします。Lightsail では、photos.example.com などの登録済みのドメイン名を、Lightsail インスタンスのパブリック IP に容易にマップできます。このように、ユーザーがブラウザーに example.com のような人間が読むことができる名前を入力すると、Lightsail は自動的にユーザーに誘導するインスタンスのアドレスを IP に変換します。これらのそれぞれの変換は、DNS クエリーとして参照されます。

Lightsail でドメインを使用するために、それをまず登録する必要があること理解することが重要です。Amazon Route 53、またはご希望の DNS レジスタを使用して、新しいドメインを登録できます。

はい。Lightsail ファイアウォールを使用して、インスタンスに対してデータ トラフィックをコントロールできます。Lightsail コンソールから、異なるタイプのトラフィックに対して公的にアクセス可能なポートについて、ルールを設定できます。

データをバックアップする場合は、Lightsail コントロールまたは API を使用して、インスタンスの スナップショットを作成できます。障害が発生した場合や、コードのデプロイが悪い場合は、後でインスタンススナップショットを使用して新しいインスタンスを作成することができます。スナップショットを作成するときに、インスタンスを一時的に停止して、データが完全であり何らかの形で破損していないことを確認することをお勧めします。

インスタンスを停止した場合、現在の状態で停止し、いつでも再び開始できます。インスタンスの停止では、パブリック IP をリリースするため、停止した後で同じ IP を保持しなければならないインスタンスには、静的 IP を使用することをお勧めします。

インスタンスを削除するとき、破壊的な操作を実行しています。インスタンスのスナップショットを作成しない限り、すべてのインスタンス データは失われ、再びそれを回復できません。インスタンスのパブリックとプライベート IP もまたリリースされます。そのインスタンスで静的 IP を使用している場合、静的 IP はデタッチされますが、アカウントには残ります。

はい。インスタンスのスナップショットを作成し、新しい大きなサイズのインスタンスを作成するために API を使用します。Lightsail コンソールまたは CLI を使用して、スナップショットから新しいインスタンスを作成します。CLI の使用方法については、 こちらを参照してください。

Lightsail のインスタンスは、VPC ピアリングを使用して、プライベートに AWS アカウントの VPC リソースに接続できます。Lightsail アカウントページで [VPC ピアリングを有効にする] を選択すると、Lightsail は自動的に機能します。VPC ピアリングを有効にすると、プライベート IP を使用することで、デフォルトの AWS VPC でその他の AWS リソースに対応できます。手順は こちらを参照してください。

Lightsail で VPC ピアリングが機能するようにするためには、AWS アカウントでデフォルトの VPC をセットアップする必要があるので、ご注意ください。2013年12月以前に作成された AWS アカウントにはデフォルトの VPC が設定されていないため、セットアップする必要があります。デフォルトの VPC のセットアップについて詳細をこちらでご確認ください。

Lightsail は現在、以下の AWS リージョンのすべてのアベイラビリティーゾーンで使用できます。

  • 米国東部 (バージニア北部)
  • 米国東部 (オハイオ)
  • 米国西部 (オレゴン)
  • ヨーロッパ (フランクフルト)
  • ヨーロッパ (アイルランド)
  • 欧州 (ロンドン)
  • アジアパシフィック (ムンバイ)
  • アジアパシフィック (シンガポール)
  • アジアパシフィック (シドニー)
  • アジアパシフィック (東京)

アベイラビリティーゾーンは、物理的に異なる、独立したインフラストラクチャで実行され、信頼性が高くなるように設計されたデータセンターのコレクションです。ジェネレータや冷却装置などの障害対策用装置がアベイラビリティーゾーン間で共有されることはありません。さらに、アベイラビリティーゾーンは物理的に分離されているため、火災、竜巻、洪水などの極めて稀な災害が起きた場合でも、影響を受けるのは 1 つのアベイラビリティーゾーンだけですむように設計されています。

現在、Lightsail アカウントで最大 20 個の Lightsail インスタンス、5 個の静的 IP、3 個の DNS ドメインゾーンを作成できます。インスタンスのアカウント数またはアカウントの静的 IP の制限を増やす必要がある場合、カスタマーサービス でケースを開いてください。

私達がご支援いたします。Lightsail の クイックアシスト は、コンソールのアクションについて、すぐに役立つヒントを提供します。Lightsail コンソールから、入門ガイド、概要、ハウツーのトピックのライブラリにもアクセスできます。また、API または CLI を使用する場合、Lightsail はすべてのサポートされたプログラミング言語の完全な API 参照を持ちます。また、次の通り、Lightsail サポートリソースも使用できます。

さらに、AWS サポートは個々のニーズに対応するための一連の有償プランを提供しています。

請求とアカウント管理

Lightsail のプランは、オンデマンドの時間レートで課金されるために、使用した分だけ支払うことになります。使用するすべての Lightsail プランについて、月額プランの上限費用まで、固定の時間価格を請求します。最も低価格の Lightsail プランは、0.0067 USD/時間 (5 USD/月) から始まります。

Lightsail インスタンスは、実行中または停止した状態のときにのみ課金されます。月末前までに Lightsail インスタンスを削除する場合、Lightsail インスタンスを使用した合計時間数に基づいて、日割りのコストのみを請求します。たとえば、最低価格の Lightsail プランを月に 100 時間使用すると、67 セント (100*0.0067) が請求されます。

静的 IP は使用している限り、Lightsail では無料です。インスタンスにアタッチされている場合は、静的 IP に対して支払う必要がありません。パブリック IP は希少なリソースであり、Lightsail がそれらの効率的な使用を約束しているため、インスタンスに 1 時間以上、アタッチされていない静的 IP に対しては、少額の 0.005 USD/時間の料金を課金します。

ご利用のプランには、無料のデータ転送枠を含んでいます。インスタンスからの送受信のデータ転送両方が、データ転送の許容量に含まれます。

データ転送枠を超える場合、インスタンスのパブリック IP アドレスを使用して、Lightsail インスタンスからインターネット、またはAWSリソースにデータを送信 (OUT) に対してのみ課金されます。インスタンスのプライベート IP アドレスを使用するときは、Lightsail インスタンスへのデータ受信 (IN) と Lightsail インスタンスからのデータ送信 (OUT) の両方はデータ転送枠を超えても無料です。

すべての単一の Lightsail プランには、無料の IN と OUT のデータ転送の金額も含まれます。たとえば、最も安い Lightsail バンドルを使用する場合、その月内に、追加料金なしで、最大 1 TB のデータを送受信できます。

消費するいかなる種類のデータ転送も、Lightsail プランでカバーされ、データ転送枠に向けてカウントされます。インスタンスのデータ転送がプランの枠以下である限り、データ転送料金はかかりません。データ転送枠は毎月リセットされ、その月内に必要な時にはいつでもそれを消費できます。月末までにインスタンスを削除し、別のインスタンスを作成する場合、データ転送枠は 2 つのインスタンスで共有されます。

当社のデータ転送プランは大多数のカスタマーが枠によりカバーされ、追加の課金が生じないように設計されています。データ転送枠を超えた場合でも、一部のタイプのデータ転送は無料です。Lightsail のインスタンスへのデータ受信 (IN) は常に無料です。プライベート IP アドレスを使用する場合は、Lightsail インスタンスから別の Lightsail インスタンスまたは同じリージョンの AWS リソースへのデータ転送 OUT も無料です。

プランの毎月の無料データ枠を超えると、パブリック IP アドレスを使用した Lightsail インスタンスからインターネットまたは AWS リージョン、または同じリージョンの AWS リソースへのデータ送信 OUT には課金されます。無料枠を超えるこれらのタイプのデータ転送の料金は、以下の通りです。

  • 米国東部 (バージニア州北部):0.09 USD/GB
  • 米国東部 (オハイオ州):0.09 USD/GB
  • 米国西部 (オレゴン州):0.09 USD/GB
  • ヨーロッパ (フランクフルト):0.09 USD/GB
  • ヨーロッパ (アイルランド):0.09 USD/GB
  • ヨーロッパ (ロンドン):0.09 USD/GB
  • アジア太平洋 (ムンバイ):0.13 USD/GB
  • アジア太平洋 (シンガポール):0.12 USD/GB
  • アジア太平洋 (シドニー):0.17 USD/GB
  • アジア太平洋 (東京):0.14 USD/GB

異なるアベイラビリティーゾーンで作成されたインスタンスでは、ゾーンの間でプライベートで無料の通信が可能で、同時に障害を受ける可能性が非常に低くなります。アベイラビリティーゾーンはデータ転送コストを増やさずに、アプリケーションのセキュリティを損なうことなく、非常に可用性の高いアプリケーションと Web サイトを構築します。

すべてのリージョンは amazonlightsail.com と amazonlightsail.com/pricing にリストされた同じデータ転送プランをもちますが、アジア太平洋 (ムンバイ) とアジア太平洋 (シドニー) リージョンを除きます。これらの 2 つのリージョンのデータ転送プラン枠は、以下のとおりです。

  • 5 USD/月プラン: 500 GB
  • 10 USD/月プラン: 1 TB
  • 20 USD/月プラン: 1.5 TB
  • 40 USD/月プラン: 2 TB
  • 80 USD/月プラン: 2.5 TB

DNS 管理は、Lightsail 内では無料です。各 DNS ゾーンに対して最大 3 個の DNS ゾーンと希望の数だけレコードを作成できます。また、ゾーンに対して月ごとに 300 万個の DNS クエリーの枠を取得することができます。1 か月で最初の 300 万個のクエリーを超えると、100 万個の DNS クエリーごとに 0.40 USD が課金されます。

Lightsail スナップショットのコストは、0.05 USD/GB-月です。30 GB SSD インスタンスのスナップショットを作成し、それを1か月間維持した場合、月末に 1.50 USD を支払うことになります。

同じインスタンスに対して複数の連続的なスナップショットを作成すると、Lightsail は自動的にスナップショットのコストを最適化します。新しいスナップショットをとるたびに、変更されたインスタンスの一部のみを課金されます。上記の例で、インスタンスで 2 GB のみが変更された場合、2 番目のインスタンスのスナップショットは 1 か月あたり 0.10 USD のみがかかります。

はい。既存の AWS カスタマーまたは新しいカスタマーのいずれも、5 USD の Lightsail プランの 750 時間の使用枠を無料で得ることができます。任意の数のインスタンスにわたり 750 時間を使用することができます。たとえば、1 か月間に 1 つの Lightsail インスタンス、または 75 時間にわたって 10 の Lightsail インスタンスを実行できます。無料のトライアルは、Lightsail を使用するために登録したときから、最初の歴月内の使用にのみ適用されます。

Lightsail は AWS サービスであり、AWS の信頼済みで実績があるクラウドインフラストラクチャで実行されます。同じ AWS アカウントと認証情報を使用して、Lightsail と AWS 管理コンソールにログインしてください。

AWS アカウントのパスワード、ユーザー名、連絡先情報、または課金情報を含む AWS アカウントを AWS 請求とコスト管理コンソール から管理できます。

Lightsail は Amazon Web サービスであるため、Lightsail を使用するためには、最初に AWS Customer Agreement and Service Terms (AWS カスタマー合意書およびサービス条件) に合意する必要があります。Lightsail インスタンスを作成するときには、ソフトウェアの使用はインスタンス作成ページで確認できる販売者のエンドユーザーライセンス合意書の対象となることにも合意します。

AWS 請求とコスト管理コンソールを通じて、料金を支払い管理できます。AWS はほとんどの主要クレジットカードを受け付けます。支払方法の管理についての詳細は、こちらを参照してください。